朽木白哉

プロフィール

護廷十三隊六番隊隊長
朽木家二十八代目当主
身長:180cm
体重:64kg
誕生日:1月31日
テーマミュージック:Giovanni Mirabassiの"Je Chante Le Temps"/「AVANTI!」収録


四大貴族「朽木家」の現当主及び六番隊隊長にして、朽木ルキアの義兄。痩躯で、肩にかかる程度の長さの黒髪をもつ白皙の中性的な容姿の男性。羽裏色は青藍。
最高位貴族や一隊長としてのプライドが高く、朽木家当主として死神の規範となるために掟に殉ずる考えを持つ。矜持から来ると思われる皮肉屋ではあるが、饒舌では無い。冷静沈着で滅多に感情を表に出さないが、義妹(ルキア)を危険な目に遭わせたくないために、危険度の高い席官職に就かせないよう根回しをするといった至極不器用な心配りをする。
55年前、貴族以外の血を混ぜるのが掟に反すると知りながらも、流魂街出身の緋真と結婚する。50年前に緋真が亡くなり、彼女の遺言通りにルキアを自身の妹として迎え入れた。ルキアを迎えることでまた掟に反しているために、今後は2度と掟を破らないことを誓っていた。そのためルキアの処刑が決まったときには自身の気持ちに迷いが生じていた。
家十軒にも相当する値の銀白風花紗(ぎんぱくかざはなのうすぎぬ)を首に纏い、上流貴族にしか着用を許されない髪飾り牽星箝(けんせいかん)を頭の上部と右側につけている。戦闘においては、高位歩法瞬歩が得意で、それを発展させた閃花によって一護の鎖結(さけつ)と魄睡(はくすい)(共に霊力の源となる急所)を一瞬にして破壊し死神能力を奪った。詠唱破棄の縛道で、隊長格に近い霊力を持つ阿散井恋次の動きを止めるなど、鬼道においても高い実力を持ち、死神として非常にバランスの取れた高い戦闘能力を有する。
本人の全く知らない所で、朽木邸では女性死神協会の宴会場等に部屋の一部を使われ、屋敷に通じる秘密の地下道や隠し扉が作られている。池にある鯉を浮竹へのお見舞いとしてやちるに捕られたりもしているが、これらについて本人はかなり嫌がっている。
美的感覚はルキアと同レベル。番外編では、砂浜にてワカメ大使なる砂像を創作した(ルキアはこの像を絶賛していた)。「ワカメ大使」は、本人のアイデアとして、出店の販売品の菓子デザインに使用されている。辛いものが好きであり、甘いものは嫌い。趣味は夜中の散歩。藍染謀反後は徐々に天然的要素を見せ始める。
夜一からは「白哉坊」と呼ばれていて、やちるからは「びゃっくん」、一護からは呼び捨てで呼ばれている。一護に呼び捨てで呼ばれることを嫌がっている様子。アニメでは呼び捨てをしている一護を屋敷で注意しようとするも、やちるに邪魔され有耶無耶になっている。

過去篇
子供の頃(110年前~)は今とは全く逆で、感情的で頭に血が上りやすく、そこを夜一にからかわれ続けて、そして負け続けていた。この頃から既に自分より目上の夜一に対してため口で話している。志波海燕,京楽春水(アニメのみ)からは生意気だと称されていた。祖父の銀嶺には敬意を見せており、銀嶺が屋敷に帰るやいなや修行中の厳しい表情は失せ、溌剌と会話をしていた。 当時は、髪紐で長い黒髪を上に括っていた。

尸魂界篇
前述のルキアを迎えた経緯から、ルキアの処刑が決まっても至って平静に振る舞い、義妹であるルキアの処刑に異を唱えようとはせず、あくまでルキアを助けようとする黒崎一護、阿散井恋次と対立し死闘を繰り広げた。一護との勝負で自身の負けを認めルキアの処刑を断念、さらに事件の真相が知らされた後には一護との死闘で重傷にも拘らず殺されそうになったルキアを、守らんとしてきた掟を破ってまで市丸ギンの刃から庇って重傷を負い、それ以降ルキアに自らの思いと彼女を養子にした本当の理由を告げ謝罪をし和解する。

破面篇
破面編では、山本元柳斎重國から日番谷冬獅郎率いる先遣隊を連れ戻すという命令を受け、更木剣八と共に現世に下り、彼らを連れ戻すも、尸魂界に帰還後はルキアと恋次の2人が虚圏へ向うことを黙認した。その後、剣八・マユリ・卯ノ花と共に虚圏に侵入し、第7十刃ゾマリ・ルルーと交戦して勝利し、ルキアの窮地を救った。通ってきた全ての黒腔が封鎖された為に虚圏に幽閉される。その後剣八らと共にヤミーと交戦中の一護に合流、一護を現世に送り出し剣八と共にヤミーと交戦し、勝利を収める。

斬魄刀

斬魄刀の名は『千本桜(せんぼんざくら)』
アニメ『斬魄刀異聞篇』で実体化した千本桜の詳細はBLEACH 斬魄刀異聞篇#実体化した斬魄刀を参照

始解
刀身部分が無数の刃となって舞い散り、対象を斬り刻む。無数の刃が光に当たることで桜の花弁を思わせる。だが一方で、解放中は刀身が消えてしまうため、斬魄刀を通常の「刀」として使う事が出来なくなり、防御が手薄になるなどリスクも生じる。そのため力のある相手と接近戦を行う場合などには、あえて解放を行なわず「刀」のまま剣技で戦うことも多い。
解号は「散れ『千本桜』(ちれ『~』)」。卍解時にも唱えることがある。

卍解
【卍解】の名は『千本桜景厳(せんぼんざくらかげよし)』
解放と共に斬魄刀を完全に手から離し、地面に向かって放り落とす。刀は地面に吸い込まれるように消え、同時に足元から巨大な千本の刀身が立ち昇る。直後それらが一斉に舞い散り、始解時を遙かに上回る数の刃と化す。その総数は数億枚とも言われ、桜色の濁流とも捉えられるその無数の刃を縦横無尽に操る事で、攻防一体・死角皆無の完全なる全方位攻撃が可能となる。刃は白哉の念のみでも操る事ができるが、手掌の動きを加えることで精度・速力が倍化(2倍)する。ゲームでは発生した巨大な刀でも攻撃する。
「殲景・千本桜景厳(せんけい・せんぼんざくらかげよし)」
散り散りになっていた数億枚の刃を、卍解状態のまま千本の刀の姿に圧し固める事で、爆発的に殺傷能力を高めた形態。千本の刀の姿に圧し固めたため、変幻自在の包囲攻撃をすることはせず、白哉が自ら刃のひとつを手にして戦う、刀を矢の様に敵めがけて飛ばす(補助的に用いられる)ことが主な戦闘手段として用いられる。
防御を捨てた超攻撃形態であり、白哉が自らの手で斬ると誓った者にしか見せない、千本桜の真の姿である。見せたのは一護で二人目。
「吭景・千本桜景厳(ごうけい・せんぼんざくらかげよし)」
数億枚の刃で敵の全方位を球形に囲み、斬砕する。
「終景・白帝剣(しゅうけい・はくていけん)」
千本桜景巌の全ての刃を圧し固め、一振りの究極の剣にした形態。アニメでは、霊圧が牙を剥く鳥獣に変化し凄まじさを物語った。

鬼道

破道の一 衝
虚圏で凍りつきかけていたルキアを助ける為に使用。
破道の四 白雷
白哉が比較的多用する鬼道。
破道の三十三 蒼火墜
白哉は、詠唱破棄でも相当な威力のものを放てる。
縛道の六十一 六杖光牢
白哉の得意とする鬼道。
縛道の八十一 断空
こちらも詠唱破棄でありながら八十九番以下の破道を完璧に防ぐ。

アニメ

バウント篇
尸魂界に潜入したバウント・ヨシに襲われたルキアを救出し、一護から協力を求められるが拒否する。その後草鹿で狩矢と対峙し、互角の戦いを繰り広げる。

斬魄刀異聞篇
実体化した斬魄刀の反乱の最中、ルキアと恋次を援護するため実体化した千本桜と対峙後、消息不明となり姿を消していたが、突如として「この男を斬らせるわけには行かぬ」と反乱の首謀者である村正と行動を共にし、死神達を裏切り対立することになる。死神である白哉を信頼できないという斬魄刀たちに、ルキアの斬魄刀である袖白雪を一刀両断することで村正へ覚悟を見せる。村正からは目的に協力したために感謝されているが、何かを企んでいるとも思われており、千本桜に見張られている。
村正側についた真の目的は、銀嶺から受け継いだ朽木家当主の役目として、かつて朽木家にいた謀反を起こし空座町へ封印された死神・朽木響河を倒すことにあり、響河が封印されている場所を突き止めるために仲間の死神達を裏切る形となっても、自身が屈服させた千本桜と共に村正の下につき調査していた。
村正が響河の封印を解いた後に響河と交戦、響河の能力に翻弄され多くの手傷を負わされるも千本桜の助力と「殲景・千本桜景厳」「終景・白帝剣」によって勝利を収める。その後、仲間の死神達の元に戻り、捕食した虚の力が暴走した村正を迎え撃つ。

死神図鑑ゴールデン
恋次が現世に赴いている時は代わりに副隊長定例会に出席したり、ルキアの不在時には女性死神協会の定例会にも出席する素振りも見せるなど、かなり仕事熱心な一面も描かれている。しかし、日番谷・京楽・浮竹との合同任務では他隊の隊長が様々な理由で来られないのに対し、白哉だけは「家の鯉の面倒を見ないといけないから」という貴族ならではの理由で赴かなかった。口うるさいやちるを菓子などでいとも簡単に黙らせたり、変な質問にも真面目に応答するため、周囲の人を戸惑わせたり笑わせたりすることも。恋次に「千本桜で髪を切った」という普段は口にしない冗談を発し、恋次を驚かせたこともある。ちなみに習字教室を開いている。オフィシャルブックでは一度、牽星箝を携帯電話としてお笑いのネタにしたことも(全くウケなかったが)。

  • 最終更新:2011-01-22 19:31:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード