藍染惣右介

プロフィール

護廷十三隊五番隊隊長→虚圏の虚夜宮へ移動
身長:186cm
体重:74kg
誕生日:5月29日


五番隊隊長としての一面
柔和な風貌をしており、常に笑みを絶やさない穏やかな性格から隊外問わず皆に慕われていた。ルキアの処刑を巡る一連の騒動の最中、ルキアの幼馴染の恋次に対し処刑に対する疑問を呈していながら、その後何者かによって殺害されたと思われたが、これは自身の斬魄刀「鏡花水月」の能力による偽装によるもの。ルキアを殺そうとした張本人である。
羽裏色は白緑(びゃくろく)。好物は豆腐で苦手な食べ物はゆで卵。趣味は読書で特技は書道。書道の腕は名人級で藍染の授業はいつも満員御礼で、選択科目に関わらず、廊下で講義を受ける生徒が出る程の人気だった。消息不明になった現在でも復帰を待ち望む声が多い。
110年前は五番隊副隊長であり、当時五番隊隊長だった平子の部下だった。ゲーム「The 3rd Phantom」の過去編では朱司波征源の下で五番隊副隊長を務めていた。

本性
実際は冷酷な性格を持つ野心家である。また自分の部下は全て目的を果たすための捨て駒としか見ておらず、用済みと判断したらいとも簡単に雛森桃を始めとした部下を手に掛けるなどの非情な行動を取っているが、市丸ギンに対しては『彼以外を副隊長だと思ったことは無い』との発言から深い信頼を寄せているようには見えるが真意は不明。その本性を曝した後も、一見柔和な言動を保ちながらの教唆や詐術・韜晦が習性のようになっており、端からは本意がつかみ難い。
その目的は、100年前に浦原が発明した「崩玉」を手に入れることで、死神の限界を超えた力を求めて「死神の虚化」(仮面の軍勢がこれに該当)並びに「虚の死神化」(破面)を狙っていた。目的の為市丸ギンと東仙要に指示を与え暗躍していた。詳しい活動開始時期は不明だが、五番隊の副隊長だった頃から当時の隊長の知らないところですでに暗躍を始めていた。101年前に虚化の実験のために流魂街で魂魄消失事件を引き起こし、結果として平子たち当時の隊長格8人を仮面の軍勢にするきっかけを作り、それを浦原喜助になすりつけ彼を追放に追いやった。さらに、市丸を部下にする以前に自らも崩玉を生み出しており、死神の魂を与えたが、それでも満足できなかった。浦原が作った崩玉を狙っていたのもそのためである。
浦原が作った崩玉を手に入れる前は、自らが作り出した虚を実験目的で、仲間であるはずの死神の下へ送り込んでいた。志波海燕を死に至らしめルキアの心に闇を持たせるに至ったメタスタシア(アニメ版では、テンタクルス)や、檜佐木の右目に傷を付け最終的に自らギンと始末した巨大虚(ヒュージ・ホロウ)の大群も、実は彼が作り出した失敗作であった。また、破面達の回想から崩玉不使用の破面化、破面・大虚の自勢力へのスカウトも行っていた様子。
護廷十三隊時代は眼鏡をかけていたが、本性を現してからは、伊達だった眼鏡を外し、髪をオールバックにして、一人称も「僕」から「私」になっている他、目も細くなった。虚圏潜伏後は黒い死覇装に白いコート姿、後に破面のような白い死覇装を纏う。
なお、立場や性格上、原作ではコミカルなシーンは皆無に等しいが、アニメのボケをかますなどで次回予告にも参加していたり、死神図鑑ゴールデンでは山本元柳斎重國の城郭炎上によりギンらと共に幽閉されたときも暢気に紅茶を飲んでいるなど、ギャグシーンを見せている。

実力
後述する斬魄刀『鏡花水月』の力に加え、ハンデがあったとはいえ一護の『天鎖斬月』を指一本で受け止め、同じ隊長格の死神や上級十刃(ハリベル)を容易く倒すなど他の隊長格の死神達を超越した戦闘能力を有し、その実力たるや計り知れない。霊圧は並みの隊長格の2倍はあるらしく、霊圧を発するだけでグリムジョーを圧倒し、織姫も目が合っただけで、体中の力が吸い出されるような感覚に陥り、浦原でさえも戦慄を覚えるほどである。また、戦闘能力だけでなく話術にも長けており、教唆や挑発によって相手の精神に揺さぶりをかけることも多い。市丸は藍染の脅威は『鏡花水月』ではなく、出鱈目な戦闘力を持つ十刃達を従わせる程の強さだと評しており、隊長達が『鏡花水月』の能力を警戒する事を『普通に警戒するだけでは不十分』と否定的に見ている。
また他者を惹きこんでしまうカリスマ性を持ち、藍染自身に殺されかけた元部下の雛森桃さえ当初は「藍染は市丸に利用されているだけ」と現実逃避してしまう程だった。それは本来敵であるはずの虚すら惹きつける程で、アイスリンガーからは「藍染様は我等にとって太陽のような存在」と讃えられていた。

崩玉との融合
空座町での決戦時には崩玉を体内へと取り込んでおり、崩玉の防衛反応により、自身が負った傷すらも超速再生のように回復する効果を見せている。また一心との戦闘中に崩玉自体と融合した事で、さらに戦闘力が増強した。その力は戦闘を見ていた一護も本能的に藍染には勝てないと悟ったほどだった。その外観も変化し、蛹のような仮面が全身を覆った異形の形態へと変化した。一定時間が過ぎると仮面の頭部部分が剥がれ落ち、霊感がない人間が触れると存在を失わさせる能力を得た。その際の外見は髪が長髪になり、瞳の色が白黒反転している(この形態以降も同様)。その後、部下であった市丸の裏切りがきっかけで蝶のような姿へと変貌する。そして、一護に追い詰められて逆上し、顔の皮が剥がれ、虚に近い姿へと変貌した。

一護への関心
一護に対して何らかの関心を見せており、一護の事も死神(一心)と人間(真咲)の間から生まれた時から知っていた。またルキアとの出会いから完全虚化に至るまでの一護の戦いを裏で演出していた張本人であり、理由は定かではないが、一護が強くなることを助長しようと一護に幾多の戦闘を仕向けていた(アニメではルキアとの出会いから石田との共闘、恋次戦、剣八戦、白哉戦といったこれまでの一護の戦いが振り返られ、その裏では藍染が常に一護の行動をモニターしていた事が明かされている)。

暗躍から離反・敵対へ
浦原が崩玉を封印・隔離していた為に表立った行動を避けていたが、ルキアの魂魄内に隠された崩玉を手に入れるため、中央四十六室成員を皆殺しの上、中央四十六室からの命令の様に見せかけ人間への死神能力譲渡の罪を犯してしまったルキアを双殛で処刑しようと画策していた。
しかし、一護達の瀞霊廷侵入後の働きから、既に処刑失敗の可能性を想定し、別の手段を用意する為、自身が暗殺されたように見せかけた。処刑日程を縮めていく手口で執行を急ぐも、ルキアを救出しようとする一護や恋次達の活躍で処刑は失敗に終わってしまうものの、ギンや東仙を従え、その別の手段でルキアから直接浦原が作った崩玉を取り出し、手に入れることに成功。その後、「私が天に立つ」と宣言したのちに市丸ギンと東仙要の両名を従えて、ギリアン級大虚(メノスグランデ)の大群と共に、虚圏へと消えていった。
離反後は、自分が完全となった崩玉を使って生み出した破面達を率いている。更に宣言の達成のために『王鍵』創成(おそらくそれを使った霊王の殺害も)を目論み、そのために空座町を消滅させることを画策している。後に井上織姫の稀有な能力に目を付け、ウルキオラに彼女を誘拐するよう指示する。また一護にも何らかの関心を見せている。

結末
一護の「最後の月牙天衝・無月」が決め手で敗北し、その後、崩玉が藍染は一護に勝てないという心を取り込んだ為、斬魄刀や死神の力を奪われた(浦原は崩玉が藍染を主とは認めていないと解釈している)挙句、本物の空座町を襲撃する前に別の鬼道と一緒に打ち込まれていた、浦原のオリジナルである「藍染を封印する為の鬼道」によって封印された。その後、新しくなった中央四十六室により、地下監獄最下層・第8監獄「無間」にて1万8800年の投獄刑に処される。だが、その際に彼らを挑発した為、目と口を塞がれた上、刑期も2万年に引き上げられてしまった。なお、封印される直前の言葉から霊王がどのような存在か知っていたらしいが詳細は不明。

斬魄刀

斬魄刀の名は『鏡花水月(きょうかすいげつ)』
始解
解放の瞬間を一度でも見た相手の五感、霊感等を支配し、対象を誤認させることが出来る「完全催眠」という能力を持つ。
この能力により、護廷十三隊の隊長格を含むかなりの隊員を自らの催眠下におくことができ、暗躍に大いに貢献した。周囲には完全催眠により「流水系の斬魄刀で、霧と水流の乱反射により敵を撹乱させ同士討ちにさせる能力を持つ」と偽っていた。ドラマCD「騒乱前夜」ではこの流水系の能力が味方までも巻き添えを喰らう危険性があるという理由で副隊長を集めて説明会と称して催眠をかけている。
この能力で自らの死を偽装し、特に雛森の精神を錯乱させた。偽装に関して卯ノ花は検査のため藍染の偽装遺体に最も長く触れていたこともあって違和感を覚えることが出来たが、催眠を解くまで誰にも完全に解明する事はできなかった(鏡花水月はこの時、仮の遺体に見えるように暗示が掛けられていた)。完全催眠から逃れる為には、能力発動の時点で刀身に触れている必要があるが、この事実を知っているのは市丸ギンだけである。なお、卍解については劇中未使用なため詳細は不明で、現時点ではその名称や能力、そもそも卍解が出来るのかどうかすら定かではない。
催眠の解号は「砕けろ『鏡花水月』(くだけろ『~』)」
※解号は、本篇では未詳だが、CD 03「騒乱前夜」では同じく「砕けろ『鏡花水月』」である。

鬼道

詳細は「鬼道 (BLEACH)」を参照
藍染は九十番台の破道を詠唱破棄で放てる実力を持つ。
破道の六十三 雷吼炮(らいこうほう)
詠唱破棄で放つだけでも周囲に凄まじい雷撃が立ち込めるほどの威力を誇る。
破道の九十 黒棺(くろひつぎ)
九十番台の上級鬼道でその威力は並みの鬼道とは別格。ルキアの処刑場において七番隊隊長狛村左陣に対して使用し、戦闘不能に追い込んだ。藍染はこの鬼道を詠唱破棄していたが、本人曰く本来の3分の1も出せてなかったそうであるため、100%の威力は狛村が受けたそれとはまた別格であると思われる。
最終決戦の際には、崩玉と融合した状態で一護に対して完全詠唱の黒棺を使用したが、一護が片手で黒棺を崩壊させたため、威力のほどを知る事はできなかった。
縛道の八十一 断空(だんくう)
藍染は詠唱破棄で唱えていたにも関わらず、鬼道衆総帥・大鬼道長を務めていた鉄裁の「飛竜撃賊震天雷炮」を防ぐ防御力を見せた。

  • 最終更新:2011-01-22 20:26:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード